中パンダイアリー

日々の活動など色々書いていきます。同人音楽サークル「PND音楽館」にて作曲したりしています。

C92にサークル参加します

どうも、中パンダです。

今年の夏コミが今月11~13日に迫り、夏コミに向けた準備も大詰めを迎えている方も多いことと思います。

当サークルも夏コミにブースを出展するので、今回はそのお知らせです!

 

同人音楽サークル「PND音楽館」はコミックマーケットC92にサークル参加します!

配置スペースは1日目(金) 東へ16aです!

 

今年春のM3で頒布したCD「Dawn Sounds Journey」、ちょうど1年前の夏コミで頒布したCD「Shining Days Memory」、そして去年春のM3で頒布したCD「Cherry Blossom Sounds」の3種類を頒布します!

(実はこの夏コミに向けて新譜を用意していましたが、先述の理由から、頒布を見送ることにしましたm(_ _)m)

次回のイベント参加は10月29日の秋M3になるので、それに向けて制作に励みます!

 

それでは、当日ブースにてお待ちしています!(`・ω・´ )

インドネシアから帰国後、腸炎で入院した

お久しぶりです、中パンダです。

約3か月ぶりの更新となります(汗)

今回は私事&割と重めな話題になりますが、同じような症状に見舞われた方の参考になればと思います。

 

7月22日~29日まで、大学の関係でインドネシア渡航していました。29日の朝に日本に帰国し、家族や友人、サークルのメンバーにお土産を持っていき、土産話で盛り上がる・・・

そんな予定でした

 

 

しかし、帰国して待っていたのはあまりにも辛い現実でした。

 

 

帰国の翌日、30日の正午ごろ、妙な倦怠感を覚えた僕は念のため体温を測ってみることに。すると、38.5℃とかなりの熱がありました。

これはまずいと思い、すぐに病院へ行こうとしましたが、日曜日だったため応急外来へ行くことにしました。というのも、インドネシアを含めた東南アジアへ渡航した人が現地で感染症にかかってしまい、帰国後に発症するというケースがあると聞いていたからです。

しかし、応急外来には十分な設備がなく、翌日に改めて病院で診てもらうよう言われました。

 

ここから病状が急激に悪化していきました。

 

応急外来から帰った午後5時ごろ、改めて熱を測ってみると39.3℃になっていました。体もフラフラで立つことすらままならない状態です。それから間もなく全身の関節痛も始まりました。

午後7時ごろ、下腹部の痛みが現れ始め、その数分後に下痢の症状が始めました。それも、最初は1時間に1回程度だったものが午後9時ごろには20分に1回トイレに駆け込まなければならないほどに悪化しました。

 

一応、応急外来で解熱剤をもらったので、応急処置的に飲んで熱を下げることに。そしてそれが効いたのか、熱は37℃台まで下がりました。(今考えると、この措置は間違っていたのかもしれません・・・)

 

明日まで耐えれば診てもらえる・・・

 

そう思いながら、ベッドで眠りにつきました。

しかし午前1時ごろ、全身の関節痛が強烈になり、あまりの痛さで目を覚ましました。じっとしていることもできないほどに強烈で、全身の皮膚が過敏に反応しまくります。

下痢も起きた瞬間始まりました。

さらに、下腹部の痛みに加えて今度は上腹部(胃のあたり)の痛み吐き気も始まりました。胃の中は空っぽのはずなのに、30分に1回の頻度で嘔吐、それとは別に1時間に1回の頻度で下痢をするという悲惨な事態になりました。当然寝ることなどできず、そのまま朝を迎えて病院へ直行しました。

 

インドネシアへ行っていたということもあり、病院ではいろいろな検査を受けました。

  • インフルエンザの検査
  • 検尿
  • 検便
  • 血液検査
  • CTスキャン
  • レントゲン
  • 腸のエコー検査

合計7つの検査を受けました。

検査の結果、大腸のほぼ全域と小腸の一部に炎症が起こっているというもので、点滴治療入院を余儀なくされました。

入院中に医師から言われたですが、検便からカンピロバクターが検出され、この炎症はそれが原因の可能性が高いとのことです。

カンピロバクターとは

 

潜伏期間は2~5日とあり、最初に症状が現れたのが帰国翌日であることから、渡航先で生水、もしくは生焼けの鶏肉を食べたことが原因と考えられます。

生水に関しては、水道水はもちろん、レストランなどで提供される飲み物に入っている氷も口に入れないよう心掛けていました。

可能性として高いのは、生焼けの鶏肉を食べてしまったというものです。今回の渡航では滞在中ほぼ毎食鶏肉を食べていました。特に、夕食は市内の屋台で食べることも何回かあり、屋外で食べる関係上肉の焼き加減が見分けつかない状態でした。(これはインドネシアに限らず、日本国内の店でも同様に注意が必要です)

 

海外へ渡航する際は、日本には存在しない感染症などに注意して行かなければなりません。滞在中の行動も、病原体をもらってしまわないよう細心の注意を払う必要があります。発展途上国は特に注意が必要です。しかし、どれだけ対策をとっても病気にかかる時はかかります帰国して少しでも体の異変を感じたら、迷わずすぐに医療機関で検査を受けることを勧めます。そして必ず、海外へ渡航していたことや渡航地域、滞在期間などの情報を伝えてください。

www.forth.go.jp

 

結果として自分は入院治療を受けることになりましたが、3日後には体調も比較的よくなり、病室のベッドの上でこのブログを書いております。

近々退院できると医師に言われていますが、それまでに予定していた約束を全てキャンセルするのはかなり辛かったです。

1週間後の夏コミには間に合うらしいので、ブース出展はできそうです!また後ほど夏コミ関係の記事を書きます。

 

それではノシ

 

8/8追記

退院しました!

関西コミティア50にサークル参加します

どうも、中パンダです。

2週間ほど前のM3ではたくさんの方にCDを手に取っていただき、本当にありがとうございました!!試聴した後に感想を言ってくださった方もいて、嬉しい限りです(*´∀`*)

また、一時は新譜の当日搬入分が無くなりそうになり、それだけ多くの方に手に取っていただけたんだとしみじみ思っています!と同時に、次回以降は搬入数を増やして、品切れを起こさないようにしたいと思います!

 

さて、直前の告知(汗)ですが、同人音楽サークルPND音楽館は明日5月14日(日)にインテックス大阪で開催される関西コミティア50にサークル参加します!関西でのイベントにサークル参加するのは今回が初めてになります。

配置場所は2号館 S-40 です!!

 

M3で頒布したばかりの新譜「Dawn Sounds Journey」をはじめとしたオリジナルインストCDを頒布します!

頒布内容は以下の通りです↓

・Dawn Sounds Journey(2017年春M3)500円

soundcloud.com

・Shining Days Memory(2016年夏コミ)500円

soundcloud.com

・Cherry Blossom Sounds(2016年春M3)500円

soundcloud.com

 

当日イベントに来られる方はぜひ!こちらのブースにも立ち寄っていただければ(´∀`)

2017年春M3にサークル参加します

お久しぶりです、中パンダです。

 

前回の更新から4か月も経ってしまいました(汗)

この間に自分の周りの環境も大きく変わり、いろいろとばたばたした生活を送っています(´∀`;)

 

さて、同人音楽サークルPND音楽館は来る4月30日(日)に東京流通センターで行われる同人音楽即売会M3にサークル参加します!

配置場所は第二展示場1階 え-29a です!

 

去年夏コミ以来となる新譜「Dawn Sounds Journey」を頒布します!朝の旅立ちを感じさせるような、ピアノ中心のさわやか系インスト曲を5曲収録しています!

価格は500円です。

soundcloud.com

素敵なジャケットはいつもお世話になっているぱちお君に描いていただきました!ありがとう!

 

このほかにも、去年夏コミで頒布した「Shining Days Memory」と、ちょうど一年前の去年春M3で頒布した「Cherry Blossom Sounds」も持っていきます。

 

当日はブースにてお待ちしております(´∀`)

CubaseのSideChainボタンが出ないコンプでSideChainを設定してみた

どうも、中パンダです。

冬コミの当落発表からはや1か月以上…いまだに自分が落ちたという実感が沸かず、コミケに向けてなんとなくそわそわしてしまいます(笑)

次は受かるといいなぁ…(´・ω・`)

 

 

さて、今回は作曲について少し技術的なことを書いていきます。

DTMの技法のひとつに「サイドチェイン」というものがあり、EDM系の曲を作っておられる方々にはかなり馴染み深いと思います。

偏ったDTM用語辞典 - サイドチェイン:Side Chainとは - DTM / MIDI 用語の意味・解説 | g200kg Music & Software

エフェクトのかかり具合をエフェクトをかける対象の音とは違うトラックの音で決める事。

例えばバスドラが鳴った瞬間にベースにコンプがかかり、ベースがうねって聞こえる…なんていう使い方はよくあると思います。

Cubaseの場合、付属のコンプであれば、下のように枠部分にサイドチェインボタンがあり、ボタン一つでサイドチェインを設定することができます。

まずサイドチェインをかけたいトラックにコンプをインサートし、サイドチェインボタンをポチッと押します。

f:id:whitepanda924:20161212234707p:plain

すると、オーディオSendsにSide-Chainsの項目が追加されるので、サイドチェインのトリガーとなるトラックのオーディオSendsをこれに割り当てましょう。

 

f:id:whitepanda924:20161213000327p:plain

これで出来上がりです。非常に簡単です。

 

しかし!!

 

これはCubase付属のコンプで試した場合ですが、付属でない他のコンプ(例えば下のようなもの)をサイドチェインに使いたい場合、このサイドチェインボタンがないという状況があるようです。(自分の環境ではボタンがありませんでした…)

f:id:whitepanda924:20161212235228p:plain

 

他社製の場合、そもそもサイドチェインができないものもありますが、コンプの画面内にサイドチェインのボタンがあるので、ここをポチッと押せばいけるのでは・・・

・・・

 

f:id:whitepanda924:20161213000928p:plain

 

 !!!

オーディオSendsにサイドチェインの項目がない!!

 

これでは、サイドチェインを設定することができません。

 

これを何とか使えるようにできないだろうか…

 

そう考えた僕はネットを探し回り、一つの記事にたどり着きました。

support.native-instruments.com

Native Instruments社のページで、Cubase 5 / 6でサイドチェインを設定する方法が紹介されています。

僕はCubase Pro 8ですが、この方法が使えるかもしれません!

 

やってみました

 

まずは下準備をしていきます。

空のプロジェクトを開き、上の選択項目から、デバイス>VSTコネクションをクリックします。

f:id:whitepanda924:20161213002052p:plain

すると、下のようなウインドウが開くので、グループ/FXを選択します。

f:id:whitepanda924:20161213002244p:plain

ここで、「グループを追加」をクリックします。

構成のところから詳細設定>Quadroを選択し、「トラックを追加」をクリックします。

f:id:whitepanda924:20161213002530p:plain

すると下のように、Group1というパスが追加されます。ここで、Group1の上で右クリックし、「"Group1"にチャイルドパスを追加」から「Stereo」を選択します。

f:id:whitepanda924:20161213002734p:plain

もう一度Group1の上で右クリックし、今度は「"Group1"にチャイルドパスを追加」から「Stereo(Ls Rs)」を選択します。

すると、このようになります。

f:id:whitepanda924:20161213003243p:plain

これでVSTコネクションの設定ができました。

 

次は、トラック・エフェクトの追加をしていきます。

先ほどVSTコネクションでグループチャンネルを追加したため、プロジェクト内に新たにグループチャンネルトラックができました。

ここにコンプをインサートします。

f:id:whitepanda924:20161213010228p:plain

 

次に、インストゥルメントトラックを追加します。

今回は、ベースとバスドラの2トラック用意し、ベースに対してサイドチェインをかけたいと思います。

 

ベース用のトラック(今回はHaLion Sonic SE)を追加して

f:id:whitepanda924:20161213003622p:plain

 

バスドラ用のトラック(今回はGroove Agent SE)を追加します。

f:id:whitepanda924:20161213003639p:plain

 

適当にフレーズを打ち込んで

f:id:whitepanda924:20161213003945p:plain

ここまでできたら、下準備は完了です。

 

いよいよ、トラックの設定に入ります。

各トラックの左上の方にある「e」に似たマークをクリックし、チャンネル設定の編集を行います。

f:id:whitepanda924:20161213010638p:plain

下の画面が開いたら、ルーティングの設定を変えます。

f:id:whitepanda924:20161217213751p:plain

デフォルトでは「Stereo Out」になっていると思いますが、ベースのトラックではそれをGroup1>「Stereo」に設定します。

同じようにして、バスドラのトラックも設定していくわけですが、今度はGroup1>「Stereo (Ls Rs)」に設定します。

f:id:whitepanda924:20161217213808p:plain

これで設定は完了です。

 

あとはコンプのサイドチェインを有効にして

f:id:whitepanda924:20161213011505p:plain

再生すれば・・・

 

f:id:whitepanda924:20161213011528p:plain

出来上がりです!

このときバスドラのトラックから音は出ません。

 

少々面倒くさかったですが、なんとか設定することができました(^^;)

 

ちなみにこの方法だと、コンプのかかり具合等の調整が非常に楽になります!

特に工夫がない場合、サイドチェインをかけたいトラック全てにコンプをインサートする必要があります。さらに、1トラックのコンプ設定が変われば残り全てのコンプの設定も変えなければなりません

f:id:whitepanda924:20161213014234p:plain

今回紹介した方法だと、Group1>「Stereo」のルーティングに複数トラックまとめて設定することで、グループトラックにインサートしたコンプ1つで調整することができます。

f:id:whitepanda924:20161213011851p:plain

コンプのスレッショルドレベルやリリースといった、曲全体のグルーブに関わるパラメータの調整がとても楽になります

 

Cubaseのサイドチェインボタンがなくても、コンプが対応していればDAWの設定でサイドチェインができることがわかりました。

皆さんもこの手法を使ってみてはいかがでしょうか?

 

長くなりましたが、今日はこの辺にしておきます(´∀` )

 

ではではノシ

2016年秋M3にサークル参加します

どうも、ご無沙汰してます。中パンダです。

 

ここ1か月くらいはいろいろとあって、Twitterにもほとんど顔を出せずじまいでした(^^;)

 

さて、もう明日に迫っていますが、PND音楽館は2016年10月30日に東京流通センターで行われる音系・メディアミックス同人即売会M3にサークル参加します!!

ブースは第1展示場H-19aです。

直前でごめんなさいm(_ _)m

 

今回は新譜はありませんが、過去に作ったボカロ曲のデモバージョンを収録したCDを無料配布します^^

 

また、旧譜の「Shining Days Memory」、「Cherry Blossom Sounds」も持っていきます。こちらはそれぞれ500円での頒布となります!

 

それでは、当日ブースにてお待ちしています(´∀`)

 

ではではノシ

 

些細な過ちからサークル入場に命を懸けた

どうも、中パンダです。

 

今回は、コミケ前日にいろいろとやらかしてしまった話を書いていきたいと思います(^^;)(最後に少しだけコミケのお話があります)

 

去る8月13日、僕は東京へ向かう夜行バスに乗るため、最寄り駅に向かって歩き始めました。

肌にまとわりつくような暑さと首筋を撫でるそよ風が、真夏の決戦地へと誘うお盆始めの夜。再三にわたる荷物チェックを済ませ、シャワーを浴び、来るべき明日のブース販売に向けて士気を向上させていた僕に、もう怖いものはありません。

この日のために2か月も前から準備してきたのです。CDのジャケットを依頼し、収録曲を制作し、ギターを収録し、印刷会社に発注し、頒布物の宣伝をする・・・すべてが予定通りに進んでいました。

あとは東京に行き、CDを販売するのみです。簡単なお仕事です。

 

「さあ、行こうか、あの電車に乗って晴れ舞台へ」

 

そうこうしている間に、駅の改札口に着きました。

そして、いつも通りの調子で改札に入り、「いよいよ来たか」という心持ちとともに電車に乗りこむのでした。

 

 

本来なら・・・

 

 

しかし!!

ホームまであと少しというところで何故か電車のドアが閉まる音が聞こえました。

 

もしや・・・

 

嫌な予感がして慌てて向かってみると・・・

電車が発車している!!Σ(・Д・;;)!

 なんということだ・・・orz

腕時計と時刻表を何度も見返しましたが、あれは確かに僕が本来乗る予定だった電車でした。

(後になって改めて確認したところ、発車時刻を1分だけ勘違いしていました)

次の電車は30分後、バス停までは電車+徒歩で25分、バスは今から40分後に発車・・・

 

・・・夜行バスに間に合わない・・・??

 

危機感を覚えた僕は急いで駅ロータリーへ向かい、タクシーを拾うことに

タクシーの運転手の人に「かなり厳しいよ」と言われながらも、バス乗り場まで急行してもらいました。ダメもとでバス会社に電話交渉をしましたが、「発車時刻に間に合わない場合は置いていく」の一点張りでした。まあ、バス会社も定時運行に努めているわけですから、自分ひとりのために他のお客さん全員に迷惑をかけるなんてことはしたくないでしょう。注意事項にも書いてありましたし。

バス乗り場到着寸前、目の前を本来乗る予定のものと思しきバスが走っていき、もはや絶望的でした。

 

そして乗り場に着いたとき、案の定バスはいませんでした。

待っている人はだれもいませんでした。

5分遅刻です。

 動揺を隠せませんでした・・・

1万円近いタクシー代なんかよりも、バスに乗れなかったショックの方がはるかに大きかったです。相当長い時間、呆然とその場に立っていたと思います。

 

これはあきらめて始発に乗って行くしかありません。

しかし!!

ここでさらに絶望的な情報を思い出してしまいました。それは、名古屋に住んでいる友人が「始発の新幹線で行ってもサークル入場にぎりぎり間に合わない」と言っていたことです。

自分は関西在住。名古屋で間に合わないのなら、関西民が間に合うはずがありません。

 

・・・サークル入場に間に合わない・・・??

 

そんな悲惨な状況が現実味を帯びてきました。9時までにサークル入場できなければ、遅刻組として入場せざるを得ません。そうなれば、一般入場が始まってからブースに向かうことになり、しばらくは販売ができません。また、「遅刻した」という履歴がコミケ側に残るため、次回以降の申し込み(特に抽選)に少なからず悪影響を及ぼします

そうならないために、なんとしてでもサークル入場に間に合わなければなりません

一旦気持ちを落ち着かせ、ありとあらゆる手段を考えました。Twitterにもいろいろ書き込み、いろいろな方から情報を頂きました。(情報をくださった方々、本当にありがとうございますm(_ _)m)

 

最初に挙がったのが飛行機です。始発で空港まで行き、羽田空港から国際展示場駅へ向かうルートです。しかし調べたところ、家の最寄駅からは始発で行っても朝一番の飛行機に間に合わないことがわかりました。(絶望)

いまから空港に向かい、空港で夜を明かせばよいのでは?とも考えました。しかし空港方面はすでに終電がなくなっていました。(絶望)

関西空港伊丹空港神戸空港、どれもだめでした。(絶望)

 

この時点で、朝出発する方法ではどう頑張ってもサークル入場に間に合わないことがわかりました。

つまり、夜のうちに移動する手段を考えなければなりません

 

・・・関西始発は間に合わないけれど、もっと東京に近い、例えば神奈川県、いや、静岡県あたりまで移動できれば、始発で行けるのではないか・・・?

 

そんなことが頭に浮かびました。なにも無理して東京まで移動しなくても、始発で間に合う最も遠い駅まで移動すればよいのです。

 フォロワーさんに頂いた情報によると、静岡駅、島田駅、浜松駅辺りまで行けば始発で間に合うとのことでした。

この駅のうち、路線の集中度合や新幹線の有無、到着時間などを総合して判断した結果、静岡駅まで行けばよいと考えました。

 

では、静岡駅までどうやって行けばよいのでしょうか?

 

タクシーはどうでしょうか?

いや、すでにタクシー代の高さを実感しており(高々20kmで1万円近い)、静岡まで移動すれば確実に破産することが目に見えています。

ヒッチハイク

いや、今回はコミケ頒布物というとてつもなく大きな荷物を積んでおり、乗せてもらうのは容易ではありません。身の安全という観点からも、この方法は避けるべきです。

レンタカーは?

この方法はかなり有力です。普段は自動車とは無縁の生活を送っていますが、一応免許は持っています。ついでに、いつ車を運転する機会が来てもいいように、帰省した時はなるべく車を運転して、運転技術が落ちないように心がけていました。

フォロワーさんに教えていただいた店を詳しく調べたところ、借りた車を静岡駅付近で返却することができるとわかったので、僕はこの方法を第1候補にしました。

 

その直後、こんなことが頭に浮かびました。

 

・・・自家用車を借りれないだろうか・・・?

 

 これは本当にたまたまですが、その日は親が車で近くまで来ていたのです。意を決して親に電話を入れ、交渉しました。当然ですが、めちゃくちゃ怒られました。

しかし、なんとか車を出してくれることが決まりました!!

滋賀県で待ち合わせをし、

いざ静岡へ!!

 

f:id:whitepanda924:20160818164704p:plain

 

高速道路を夜通し走り続け・・・

 

そして・・・

 

 

着きました!!!親に感謝の意と別れを告げ、いざ東京へ!!

 

1時間後に東京駅に到着し、そこからの乗り換えもうまくいき、コミケのサークル入場にもなんとか間に合いました!!

そして、何事もなかったかのようにブース設営をし、コミケは始まりました!!

 

 

改めて、乗換情報や飛行機、レンタカーなどの情報を調べてくださった方々、本当にありがとうございましたm(_ _)m

また、深夜にもかかわらず車を出してくれた親には、いくら感謝してもしたりないくらいです。

 

最寄駅の電車を1分見間違えたが故の過ちがこれほどまでに大変なことになるとは思っていませんでしたが、やはり時間に余裕を持って行動するという心構えは大切だと思いました(・_・;)

次からは、十分時間に余裕を持って出発しようと思います・・・

 

 

以下、コミケ中のお話

ブースに来てくださった方々、新譜・旧譜を手に取ってくれた方々、本当にありがとうございます!

処女作である「Piano Sounds Story」は無事に完売することができました!嬉しい限りです!(´∀`)

今後の予定は未定ですが、秋M3、冬コミに向けて準備を進めたいと思います!

 

 

長文になりましたが、ここまで読んでくださった方、ありがとうございました(´∀`)

 

f:id:whitepanda924:20160818171412j:plain ともに夜を乗り切った魔剤(RedBull)

ではではノシ